「ゆるりかぎ針じかん」は、ほっこり温かい思いを編む時間

「誰かの為に、どれだけ思いを込められるか」

 

毎日8時15分が楽しみで、テレビ小説は何だかんだ何十年も前から視聴しています(笑)

朝はバタバタして忙しいのですが、1度見始めてしまうとやめられなくて、毎回半年間最後までみてしまい、次のドラマもまた見てしまいます( ^^)

 

去年の9月から始まった、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」!

戦争中に子供を産んだ主人公が、夫が戦地から戻るまでを待ちながら、生きていく為に子供用品を作り売る。

質の良い物を与えたいと言う思いから、現在の子供用品店「ファミリア」がモデルとなった「キアリス」を、大きくしていくと言うお話です。

高度成長期!どんどん売って会社を大きくしようとする他社に対し、「キアリス」は子供たちやお母さん達の為に、背伸びせずに丁寧な仕事をしてきました。

セリフの一つに
「大事なのは、誰かの為にどれだけ思いを込められるか」
「目の前の事をやり続ける事で、夢を手に入れられる」

同じ、ものづくりをする者としてグッときたなあー

私もオーダーをいただいた時は、喜んでくれる笑顔を想像しながら編んでるんです。だから、すごーく共感します。

レッスンの時は、私のスキルの全てを持って帰って欲しい一心で時間がオーバーする事毎回(笑)

それでも全然疲れず、楽しくレッスンをさせてもらっています。

 

寂しい事に、「べっぴんさん」も3月末で終わってしまいました。

私にとって、とても良いお話を見せていただきました。

ゆるりかぎ針じかんは、これからも手作りの温かさをお伝えしていきます。

 

5月は母の日!

まだ間に合いますよ、心を込めてお母さんの為に、エコアンダリヤのバッグを編みませんか?

ゆるりメルマガ

レッスンやワークショップのお知らせをお届けします♪