編み物でも黄金比を参考に!デザインに取り入れるとたちまち見栄え良く!

暖かくなってきたので、そろそろ新作バッグが欲しくなり、自分用に編んでみました!

ブラック×ベージュのツートンカラー(2色)にしたら、大人な装いにもカジュアルにもピッタリなの。

それから、実はこのバッグには秘密があるんです。

 

秘密はサイズにあります。

このバッグの実寸は、高さ26cm  幅41cm  楕円底の奥行10cm です。

ベージュ部分が16cm、ブラックが10cm。

実は、この割合、黄金比になっているんです。黄金比はデザインではとっても大事なんですよ〜

黄金比とは?

黄金比とは、美しい調和のとれた割合を表現するために利用されています。黄金比をデザインに取り入れることで、たとえることがむずかしい美的感覚を表現することが出来ます。

 

いつも私はデザイン画を書かずに、どんなバッグを編もうかと頭でイメージしながら編んでいきます。だから、黄金比を考えて編んだことがなくて、寸法も感覚です(笑)

実はこのバッグを編んだとき、黒で編んだ部分がもう少し少なかったんです。でも、なんだか黒とベージュの分量のバランスがしっくり来なくてモヤモヤ。

それで、上の写真のように編み直しをしたら、とても見栄え良く洗練された雰囲気になったんです!

 

もしかしたら、黄金比と関係あるのかと思い、正確な黄金比の値を調べてみました。

ちょっと難しい方程式があるのですが、簡単に言うと   1:1,618

これが黄金比だそうです。

で、このバッグの寸法に当てはめてみると・・・

ブラックとベージュの対比 =1:1.6

高さと幅の対比=1:1.6

 

自分でもしっくりくるバランスになったのは、まさに黄金比になっていたからなんですね!

こんなにぴったり黄金比になっているなんて、自分の感覚にはびっくりしました。ちなみに過去のバッグもサイズもだいたい黄金比に近いサイズになっていました。

 

でもね、ハンドメイドは自由でいいと思うんです。個人の感性を大事にしたいと思っています。

それでも、もし大きさに悩んでしまったら、黄金比を参考にしてみてはいかがでしょうか。

詳しく知りたい方は、レッスンの際に聞いてくださいね。自分がしっくり来るサイズとバランスで、自分だけのバッグを一緒に編みましょう♪

ゆるりメルマガ

かぎ針にまつわるお話や、ゆるりかぎ針じかんのレッスン情報、ブランドLe Lien(リヤン)の新製品のお知らせをお届けします♪