シンプルなバッグだからこそ、自分流に色々楽しめる面白さがあります。

オーダーバッグは、お客様のご希望に添えるようにお応えしておりますが、私自身やお教室で生徒さんにお薦めしているのは、基本シンプルな形のバッグです。

たまには、違うものを編んでみたくなりますが(笑)  そういう時は在庫整理だったり、お店でドキッとしたバッグを見つけた時とかね。

シンプルなバッグには、季節ごとにアレンジ出来る楽しみがあるんです。

少しご紹介してみましょう。

 

↓生徒さん作です!

パールをくるっと絡めたり、夏らしくヒトデモチーフを付けてみたり。

好きなものを好きなだけ、統一感のある飾り方がオシャレですね~

↓こちらは、オーダーバッグにお客さまが、お持ちのレザーのフラワーブローチを付けてみたと、ご報告くださいました。

甘くならずに、シックな色味のブローチが、バッグの色に映えていますねー

こちらは、現在!私がヘビロテで使っている、トートバッグです。

ブラックとゴールドのタッセルを付けてみました。

一見カジュアルにみえるバッグが、光沢のあるタッセルを付けることで、品のあるバッグになります^^

 

こちらもオーダーバッグになりますが、アーティフィシャルフラワー(造花)のブローチをポイントに付けてくださいました。

シルバーに深紅のお花で、上品なバッグになりますね。

色を変えれば、色んな表情を楽しめます。

 

チェーンポシェットに、スワロフスキーのブローチを付けました。

キラキラ好きですよね?

今回は同系色にしてみましたが、インパクトがある色で遊んでみるのも楽しいでしょうね。

 

こちらは、リボンを糸に直接、ボンドで貼ってみました。

異素材をちょっと入れる事で、手作りからワンランクアップしますよ^^

 

 

まだまだ、アイデアはありますので、お教室でアドバイスさせていただきます。

初めてさんのかぎ針バッグレッスン

かぎ針の基礎を実際にバッグを作りながら習得できる初心者向けのレッスンです。