かぎ針の輪編み【引き抜き】がわかれば怖いものなし!

ニットバッグを編む時に、必ず出てくる【引き抜き】

ここがわかれば一人でどんなバッグも作れますよ。

 

生徒さんが一応に悩む場所が、1段が終わって引き抜きして、立ち上がり目を作る所なんですよね。

今日は画像で説明しまーす。

保存版!

かぎ針レッスン

この位置にリングを付けるとわかりやすいですよ

 

かぎ針 レッスン

黄色のクリップは、その段の最後に編んだ細編みを示しています。

ピンクのクリップは、その段の編み始めですから、そこにかぎ針を入れて引き抜きをします。

 

鎖編みを1目編んだら、またピンクのクリップに針を入れ細編みを編みます。

(この細編みが次の段の最初の1目になります)

ピンククリップを外し今編んだ細編みに付けます。

かぎ針 レッスン

こちらは黄色のクリップからピンクのクリップに引き抜き後。

 

かぎ針 レッスン

引き抜きをしたあとに鎖編み1目

 

かぎ針レッスン

ピンクのクリップに細編み1目します。

 

ゆるりメルマガ

レッスンやワークショップのお知らせをお届けします♪