麻糸の匂いが気になる方必見!匂いが少ない自然素材が豊富になりました

エコアンダリアはレーヨン素材で匂いはありませんが、自然素材の麻(ジュードとも呼びます)は、の油臭いものもあります。

わたしはこの匂いが苦手で、麻糸は好きではありませんでした。

 

しかし、今の麻糸は苦手な匂いが少ない物も沢山出ています。それも、定番の生成り色や茶色だけではなくて、色も豊富に展開していています。

でも、匂いが薄くなっているものは、そのような加工がしてあるので糸が毛羽立っている場合があります。作りたいイメージを壊さない素材かどうかを、可能であれば糸を触って確認してくださいね。

 

今回は薄紫の麻糸で試し編みをしてみました。途中に細編み一目飛ばしをして透かを入れて。

かぎ針麻糸

 

持ち手はシルバーグレーにしたら、麻糸のイメージとは少し違う雰囲気のバッグになりました。

お財布と携帯と鍵を入れてちょうどいい大きさの、ご近所バッグとして活躍しそうです。

 

麻糸は少々硬いので内布をしなくてもしっかりしています。

定番の麻糸色に飽きた方は、こんな色でチャレンジしてみると楽しいですよ(^_^)

 

ゆるりメルマガ

レッスンやワークショップのお知らせをお届けします♪