【かぎ針 くさり編み編】

前回は、【かぎ針の持ち方編】でした。

初心者の方は、まずはそちらからご覧頂くことをおすすめします。

今回は、くさり編みの編み方のコツをお伝えいたします。

 

 

↑かぎ針持ち方編で最初の作り目まで出来ました。

↑作り目の根元に糸を掛けている親指と人差し指で押さえます。

きちんと押さえることで次の動作がスムーズに出来ます。

↑かぎ針を糸の下からすくい先端のかぎに引っ掛けます。

↑この後、かぎ針に出来ている糸の輪にかぎ針の先端を引っ張り通すのですが、必ずかぎ針のかぎ部分が下になるようにします。

↑かぎの部分を下にする事で、引っかかりを防ぎます。

↑初心者の方は綺麗なくさり編みでなくても大丈夫です、ただ次の作業の為に緩めに編んでくださいね。

次回は 【かぎ針 細編み編】です。

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

レッスン

ゆるりかぎ針じかんのレッスンは、ご都合に合わせて自由に参加できるスタイルです。
初心者さんもご経験者もゆる〜り編み物を楽しみましょう♪