新しいバッグに挑戦する場合、初めにミニを編む事をお薦めします。

初めは、色んなミニを編んだらいいなと思います。

「初めてさんバッグレッスン」の課題は、エコアンダリヤ糸を1個半使用する底が丸いミニバッグです。

 

その後は、丸を少し大きくして自分の欲しい高さまで編むことが出来ます。

 

↓例えばこんなバッグも応用編です。

(大きくする編み方は、レッスンでお伝えしますね。)

 

↓ 先月、 ミニ底丸バッグを完成された生徒さんが、次に挑戦されたのがマチ無しのフラットバッグです。

底の編み方と持ち手の編み方、新しい事がいっぱいです。

最初から大きいものにすると、編み目も安定せずに思った物にならないです。

ミニで全体のイメージを膨らませて、練習してから大きい物にチャレンジしてみてくださいね。

↓ これはフラットバッグでA4サイズ、サイドにパールをつけました。

応用編は、基本をしっかり編めれば、自信を持って大きな物にもチャレンジできます。

一緒に基本をマスターしましょう。

 

 

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。スマホで登録してくださいね♪