かぎ針本の編み図通りだけでは、足りない事がある!

今日は、かぎ針本の編み図の通りだけでは納得のいく物が出来ないというお話をしたいと思います。

↓こちらは、生徒さんの作品です。

この編み目!凄いですよね、これは黒と生成りの糸を一緒に編みこんでいきます。

生成りを編むときに生成りの糸だけを出して編む、黒の時は黒だけを出してきて黒を編むの繰り返しになります。

文字で説明するのは非常に難しいので、上手く伝わりませんね。

ずっと2糸は一緒なので糸の量はかなり使用します。

これが編めた生徒さんの集中力と、諦めない気持ちは尊敬します。

前置きが長くなりましたが、このバッグの肩掛けにもなる持ち手は、生徒さんが編み図通りに編みあげました。

しかし、それだけではどうも私的に納得がいきませんでした。

編み図通りだと、しっかりとした持ち手にならず心持ち不安と、見た目もスッキリしませんでした。

これは編み図通りに編めば全てこのようになります。

生徒さんにもお伝えし、このようにしたらもっと綺麗になりますよと助言させていただきました。

やってみたら見違える程の仕上がりになり、生徒さんも満足^^

このように、編み図通りに編むのは基本ですが、それにちょっとした事を加えることによってワンランクアップの仕上がりになります。

そんな事も、レッスンではお伝えいたします。

今回は「引き抜き」でワンランクアップでした。

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。
ゆるりかぎ針じかんとぜひお友だちになってください。