かぎ針の号数はどれを選べばよいですか?

寒くなってきましたね。

↓去年も大活躍の、ファー付きバッグを持ってお出かけです。

このファーは、実はコートの襟なんです。

元々ボタンホールがついているので、バッグ側にボタンを付けてファーを取り付けました。

エコアンダリヤの色もシックにすれば、冬も楽しめます。。

 

さて今日は、「かぎ針の号数の選び方」をお話します。

糸に付いている、紙帯に
《かぎ針○号〜○号 棒針○号〜○号》と書いてあります。

どれを選べば良いのでしょうか?と聞かれます。
どれを選んでも正確です。

編み目をふんわりとしたい場合は大きい数の針、キツくしっかりした編み目にしたいのなら小さい数の針を選びます。

↓上が7号で編んだ円、下が5号で編んだ円です。

同じ目数なのですが、大きさが違います。

初めてさんのレッスンでは、エコアンダリヤという糸を使用していますが、現在は真ん中の号数の6号針をご用意しています。

これはアレンジですが、後付の平たい持ち手を編む場合は、1つか2つ小さい数のかぎ針で編んでみると、手作り感が消え洗練さが増します。

私はエコアンダリヤに明記されてない4号針を使います。
是非やってみてくださいね。

かぎ針の基本の編み方や決まりはありますが、こんな風にしてみた方が良いって事をレッスンでは沢山お教えいたします。

目から鱗な情報は、長年かぎ針をしている私だからこそお伝え出来ます。

細かな情報は、下記の LINEで先にお送りしていますので、是非登録してくださいね。

LINEに最新情報をお届けします♪

かぎ針にまつわるお話や、ゆるりかぎ針じかんのレッスン情報をお届けします♪