エビ編みコード!ご存知ですか? 生徒さんの作品紹介!

生徒さんが、「手芸屋さんで見つけて一目惚れをしたバッグがあるんですー。キットを購入しました」

と連絡がありました。

本体は編める生徒さんなので、今回は持ち手の編み方を知りたいと、レッスンに来られました。

こちらは↓そのバッグを、私が再現したバッグです。

↓ 糸1つ購入で、バッグが完成します。

エコアンダリヤや毛糸よりも、幅がある平たい糸なので、10号針を使用します。

完成品は少し重いのですが、ズバゲティより軽く、内布なしでもしっかりしています。

内布無しって嬉しいですよね。

ズバゲティよりも光沢がある糸なので、アラフィフ世代におすすめです。

 

↓こちらが、エビ編みコードです。

見た目、エビの背に似てるからなんでしょうが、個人的にエビ編みって・・・命名がどうなの?って思いませんか?^^

 

レシピには、エビ編みのイラストが載っていますが、私が見てもわかりにくい部分がありました。

初めての方には、理解できずにやめてしまいそうです。

You Tubuでも検索すると出てきます。

先日、このバッグをインスタグラムに投稿したときに、

「エビ編みって知りませんでした。You Tubuをみましたが難しくてわかりません。いつか編んでみたいです。」

と、コメントがありました。

そんな方には、対面レッスンをおすすめしたいですね。

 

Sさんは、左利きです。

イラストを解読し、それを左に思考をかえるそうです。

世間は右ききが当たり前なので、左利きさんにはつらいですね。

しかし、対面レッスンでしたら呑み込みが早いです。

編み初めを少し編んだだけで、あとはスイスイと40CMのエビコードを編み上げました。

私のバッグは、蓋の裏にマグネットを付けましたが、Sさんのように金具を付けるとより一層大人な雰囲気になりますね。

この金具も、一緒に付けたのですが、道具いらずで簡単に装着できました。

 

完成されて、Sさん大変感動されていました。

セレクトショップで販売してもいいくらいよね~と二人で盛り上がっちゃいました^^

それくらい素敵に完成されました。

Sさん、あと2色購入されています。

まだまだ、ワクワク続きますね^^

 

今回は、レシピに書かれていない事も伝授させていただきました。

それをやるのとやらないとでは、全然違った仕上がりになります。

対面レッスンだからできる事だと思います。

 

このバッグもレッスンいたします。

レッスンお申し込み時に、エビバッグと記入してください。

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。スマホで登録してくださいね♪