ゲームより編み物で集中力を!親子で楽しめるなんて羨ましいです。

生徒さんのお子様が、レッスンに来てくれました。

お母さんと一緒に編み物がしたくて、レッスン当日は「早く編みたい、早く編みたい」って、楽しみにしていてくれたそうです。

私も、この位の歳には鎖編みをしていたと思うと、感慨深いものがあります。

二人の娘がいますが、どちらも編み物に興味を示してくれなかったので、今回のキッズレッスンはとっても嬉しく、勉強にもなりました。

初めての鎖編みも、ちょっと教えただけで、すぐにコツをつかんですいすい編んでいました。

もともと手先が器用で、物つくりが好きなMちゃん。

興味を持ったかぎ針に、本領発揮^^

それに、やっぱり子どもは吸収が早いんですかね。

これから子供たちにかぎ針を伝えたい私としては、ちょっと安心しました。。

↑ 鎖編みを長く編んで、リボンを付けてネックレスやブレスレットにしましたよ^^

お母さんにもブレスレットを編んであげる、優しいMちゃん。

お友達にも編んでプレゼントしたそうです。

子ども達の遊び方が昔と変わっています。

テレビゲームやパソコンやスマホゲームに夢中で、周りの声も聞こえないくらい集中しています。

集中力が養えるのは良いことですが、一本の糸から想像力を膨らませて編み上げる、原始的な遊びから集中力や発想力・空間認識を感じてもらいたいです。

 

かぎ針が楽しくて仕方がないMちゃんは、次回もお母さんとレッスンに来てくれるそうです。

次は、三角のガーランドを編みましょうね^^

 

是非、親子レッスンもお待ちしています。

親子でかぎ針なんて楽しいはず、私は叶えられなかったけど、そんな親子の姿を見てるだけで幸せです。

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。スマホで登録してくださいね♪