かぎ針編み「カボチャ帽子」!形を保つための裏ワザが面白い

生徒さんが、レシピ持参でレッスンに来られました。

「カボチャ帽子」

聞いたことがありましたが、実際のレシピを見たのは初めてでした。

と言うことで、私も一緒に編んでいきます^^

↓途中まで編んだ私のカボチャ帽子です。

そこらへんにあった糸を使ったので、大きさがレシピとは違うのでここまで・・・

編み方がわかればOK。

編んでいくうちに、むむむ・・

これは何?

↓帽子の裏側に、鎖編みが何本も出てきています。

編み図の解読が違う?なんて思ったりしましたが、実はこの鎖編みが大きな仕事をしてくれるんですよ。

↓こちらは、レッスン後にご自宅で完成された生徒さんの「カボチャ帽子」です。

可愛く綺麗に出来ていますね^^

↓被ってもカボチャのポコポコした形はそのまま!

ここが鎖編みの大きなお仕事なんです。

ポコポコのへこんだ所を、鎖編みで橋渡しをしているので伸びずに形が保たれているんです。

へ~~って関心してしまったわ^^

「かぎ針編は色んな編み方が出来るので面白いよね~」と、いつも生徒さんたちと話していますが、カボチャ帽子の裏ワザには驚きました((笑))

皆さん、複雑なレシピを是非是非持ってきてくださいな。

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。スマホで登録してくださいね♪