かぎ針編みは、いつまでも楽しめちゃう。

長年仕事をしていた母。

手を痛めて泣く泣く仕事を辞めざる得なくなってしまい、今では犬の散歩をする毎日!

小さい頃は、布を渡しておけば器用に何かを作り楽しく遊んでいる子だったみたいです。

30代では、機械編みの教室に通いそれを仕事にしたいと思っていたらしいのですが、家庭の事情で断念することになり、大好きな編み物は趣味で終わってしまった事を今でも悔やんでいます。

70代前半、そろそろ仕事を辞めたときの事を考えて、棒編みをきちんと習得したいと思っていた矢先に手を痛めてしまった・・

「なんて人生だ!!!!」と言っています(笑)

 

邪魔が入ってしまう編み物人生の母ですが、私はその母から編み物のノウハウを受け継ぎ、講師として皆さんとかぎ針ができている事を一番喜んでくれています。

 

手を痛めてしまい今まで通りにはいきませんが、ゆっくりと今でも大好きなかぎ針を夢中になってやっています。

↓すごく丁寧で綺麗な編み目なんですよ^^

最新の作品!コットン糸で編んだクッションカバー、ちょっと見にくいですが左は薔薇の透かし模様です。

まだまだたくさんの作品を、ゆっくり楽しんで欲しいですね。

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。スマホで登録してくださいね♪