ニットバッグは同素材の内布でグレードアップします

エコアンダリアのかぎ針編みバッグの内布はレーヨン素材を使っています。エコアンダリア糸もレーヨンなので相性ぴったりなんですよね。

バッグを編む時は、基本一本どりで編みますので、夏らしく涼しげです。柔らかい雰囲気も出て、それはそれで素敵なんですが、内布を付ける事でしっかりしますし、カジュアルから清楚な雰囲気に変わります。

 

布付けはオプションになりますので、オーダーの際にお申し付けください。

レッスンで編んだバッグに内布を付けたい場合も承りますのでご相談くださいね。

 

下の写真は、内布の色をはお任せということでしたので、明るいコーラルオレンジをセレクトいたしました。

ゴールドとコーラルオレンジはとても相性の良い色合わせです♪

 

かぎ針 エコアンダリアバッグ

 

 

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

オーダー

ゆるりかぎ針じかんでは、レッスンの他に、エコアンダリアの糸を使ったオーダーバッグも承っております。

お客様のご希望に合わせて、色、サイズ、内布、持ち手の素材変更などのカスタマイズもいたします♪