白以外の糸でアンティークな雰囲気♪エコアンダリアを離れてレース編み

私の母も昔編んでたドイリー。レース編みは白が定番でしたよね。

ドイリーとは、小物や花瓶の下敷きのこと。わが家では、下敷きのほかにホコリ防止にかけたり、あまり使わない固定電話にかけてます。

シャビーなアンティークな感じに憧れるので、白よりも、グレーピンク、茶系に目がいってしまいます。

 

かぎ針 ドイリー

 

上のベージュは、とてもアンティークな雰囲気を醸し出してませんか♪

 

かぎ針ドイリー

 

グレーはグッと大人っぽい印象で、レース編みのエレガントさもひときわですね。

ドイリーは、短時間にサクッと編めるし、午後のお茶タイムや家事が一息ついたときにもおすすめです。

一目一目をすくっているだけで、なんとなく気持ちが落ち着いてくるのがかぎ針の魅力です。

 

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。
ゆるりかぎ針じかんとぜひお友だちになってください。