少しずつ余った糸を利用して編むファスナー付きメイクポーチ

母から教わった編み物だけど、私の娘達は何故か出来ません。

教えて欲しいとも一度も言われた事がないし、作って欲しいとも言われてこなかったんですよね。

小さい頃は親の好みで言う通りだったけど、女の子は幼稚園辺りから自我が目覚め私の希望通りにはいきません。

でもどこか母親のセンスを認めてくれてるのか、コーディネートは相談されます。

 

今までの私の編み編み姿を見ていて何かを思ったのか、今回、次女から化粧ポーチの依頼がありました。

大学生になりバイトを始めたのでお小遣いは無し、なかなかの締り屋さんで多分ポーチも作ってもらえたらラッキー!

なんて理由だとわかっているけど、ちょっと嬉しい母です。

余った糸の中から自分で選んだ2色でツートンポーチを作ってあげました。

 

エコアンダリアのポーチ

 

かぎ針エコアンダリアポーチ

 

ファスナーとワンポイントのピンを真鍮に揃えてみました。コロンと可愛いでしょ♪

もう一つ頼まれたクラッチはコチラです。

 

 

 

ブログ著者

石井 佑未子
石井 佑未子編み物講師
編み物歴は45年。母の編んでいる姿を見て始めたのがきっかけ。
自分の世界に入り集中することで心が自然と落ち着いて来る編み物を、もっとたくさんの人に伝えて世界が平和になることを願って活動中。

LINEに最新情報をお届けします♪

作品の画像や編み方の動画など、かぎ針好きのみなさんがもっと楽しく編み物を楽しめる情報をLINEでお届けしています。
ゆるりかぎ針じかんとぜひお友だちになってください。